nlpプラクティショナーや社会福祉士の狭き門を突破する極意

勉強

最短で国家資格を取得

女性

高齢化社会を迎える今、将来の為に手に職をつけようとする人達のニーズも大きく変化しています。特に新潟エリアでも人気を集めている資格と言えば、社会福祉士。社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれ、加齢や身体障害などにより自力で日常生活を送ることが困難な人をサポートするための国家資格です。
社会的弱者である人達を助けることができる社会福祉士は、第三者からみても社会的貢献度は高いですしやり甲斐を感じることができるでしょう。また、取得した資格は新潟だけではなく他の都道府県でも使える一生ものの資格になるので、資格試験を目指す人の数が増えているのです。

新潟でも行なわれる社会福祉士の試験は、狭き門。だいたい合格率が25~27%前後で80点以上が合格ラインです。これだけの合格率と点数を獲得しないといけない試験となると、ある程度の試験対策と傾向を考えて臨まなくてはいけません。それに、社会福祉士の試験は、介護の広範囲で専門知識を要することから独学で学ぶことは困難です。その為、新潟でも専門知識を効率良く頭に入れる為に専門学校や通信教育を選ばれる人が圧倒的に多いです。
専門学校や通信教育は独学に比べると、それなりに費用がかかります。たった1回の試験にお金をかけるのはもったいないと思われるかもしれませんが、その1回の試験で合否が決まります。ですから、最短で国家資格を取得することを第一目的とするなら、費用をかけるだけの価値はあるのです。