nlpプラクティショナーや社会福祉士の狭き門を突破する極意

勉強

危険物を取り扱うプロ

女の人

ガソリンスタンドで取り扱われているガソリンや灯油は、危険物の指定を受けています。実際にガソリンや灯油に引火してしまうと、大きな火災や爆発を引き起こす危険性がありますから、店舗の責任者や従業員は厳重に取り扱うことが求められます。この取り扱いにおいて一定の知識を持ちあわせていることを証明するのが、危険物乙4の資格です。
危険物乙4は基本的に受験資格はなく、極端な話、小学生から受験することはできる間口の広いものです。ですから、資格を持ってアルバイトや就職を有利に進めたい人にとってチャレンジしやすい試験としても有名です。

危険物乙4の試験は、マークシート方式で各試験科目の正答率が60%以上ないと合格できません。危険物を取り扱うことができるという認定を受けるわけですから、受験資格の縛りはなくても試験突破には一定の知識が必要です。また、危険物乙4の試験は、法令のことや物理・科学のことなど幅広い範囲出題されます。ですから、試験対策を十分にしておかないと合格の道のりは険しいでしょう。
ここで役立つ試験対策として挙げられるのが、通信教育。試験対策を専門にしている通信教育を受けることにより、試験合格に必要な知識をミニマムの時間で身に付けることができます。それに、通信教育サービスの中には模擬試験を行なっているものもあるので、実際の試験に慣れることも可能です。出題の傾向や試験にかける時間の調整をして、有意義な対策を行ないましょう。